常に感謝を持ち続けることが重要だけど感謝を忘れがちになる理由

ハッピーマネーライフ

常に感謝を持ち続けることが重要だけど感謝を忘れがちになる理由

投稿日:

感謝を表す言葉。

「ありがとう」

漢字では有難うと書きますよね。

これはその状態が有るのが難しいという意味です。

だからこそありがとうと感謝をします。

例えば人にありがとうと言われると、

それまでやってきた事とかが何故だか報われる気がしますよね。

あなたの心の状態は一体どれくらい感謝ができていますか?

感謝は周りの人にもそうですが、自分自身の状態にもいえます。

全ての事象に対して感謝が可能だということですね。


しかしながら、、、

残念ながら世の中には決して感謝は溢れてはいません。

街でも友達同士で話す言葉は、

「ありえないよね」と誰かの愚痴。

食事に行っても話す言葉は、

「しんどいなあ」と状況の愚痴。

これらは非常に悲しいことです。

愚痴には人の心を痛ませる要因の一つです。

なぜ愚痴を言ってしまうかといえば、

欲求が満たされていないからです。

つまり、現在の状態に感謝を忘れてしまい、

どれだけ恵まれている状態であるかを知らない。

恵まれている状態を知らないと、

人は謙虚さを失くしてしまいます。

そして、人は誰かに自分を理解してほしいという

承認欲求もあります。

人はこれだけでなく様々な欲求がありますが、

これらの欲求が感謝を忘れがちにしてしまいます。

更に言えば、人として産まれた事自体に感謝を忘れます。

人として生まれる事自体がほぼ奇跡に近い確率です。

どれくらい奇跡かは諸説ありますが、

数字上の確率だと400兆分の1という位です。

よって、あなたが今こうして生きていることは

奇跡であり感謝に値することなのです。

どうか気づいてください。

既に現在ある幸せに目をむけてみてください。

そして、それらの全ての事に感謝をして、

穏やかな平安の心で日々を過ごしてください。

それだけで充分にあなたは幸せな人生なのですから。



常に感謝を持ち続けることが重要だけど

感謝を忘れがちになる理由はこれで以上となります。

最後までご覧いただきまして、

誠にありがとうございました。

今回の記事が良かったという場合は、

いいねやSNSでの共有をぜひ宜しくお願い致します。

またあなたにお会いできることを楽しみにしています。





-ハッピーマネーライフ

error: Content is protected !!

Copyright© ハッピーマネーライフ , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.